クローン病 世田谷区奥沢の内科。大和内科・消化器内科クリニック

  • クローン病

クローン病

クローン病とは

小腸、大腸を中心とする消化管に炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。クローンとは、最初にこの病気を報告した医師の名前です。20代に最も多く発症しますが、ほかの年代にもみられます。潰瘍性大腸炎と似ている点も多く、両者は「炎症性腸疾患」と総称されます。 潰瘍性大腸炎と同様に、我が国では急速に患者数が増加しています。一方、潰瘍性大腸炎の炎症が大腸に限り、かつ粘膜内に起こるのに対して、クローン病の炎症は小腸を含めた消化管の全域に起こり、炎症の深さも筋層まで及ぶという特徴があります。

クローン病の原因

遺伝的要因とそれに基づく腸管での過剰な免疫反応のためとされていますが、十分解明されていません。我が国での患者数増加は、食生活の欧米化と関連しており、動物性脂肪摂取の増加や腸内細菌の乱れが原因の一つと考えられています。

クローン病の症状

下痢、血便、腹痛、発熱、体重減少、全身倦怠感、貧血などがよくみられます。炎症が主に小腸の場合、血便や下痢がほとんどなく、診断がつきにくいことがあります。小腸の狭窄によりむしろ便秘となることもあります。
直腸・肛門部の炎症のため、痔瘻や肛門周囲膿瘍といわれる難治性の肛門疾患を合併することがあり、これを契機に診断されることもあります。また潰瘍性大腸炎と同様に、消化管以外の症状として、関節炎、皮疹などを合併することがあります。

クローン病の検査と診断

潰瘍性大腸炎と異なり、炎症は全消化管に起こり得ますが、最も多いのは回盲部(回腸末端と盲腸)付近です。病変が小腸のみにある小腸型、大腸のみにある大腸型、両者にある小腸大腸型に分類されます。
クローン病の病変は、非連続性といわれ、正常粘膜の中にびらんや潰瘍がみられることがあります。縦走する潰瘍や、炎症の結果として粘膜が敷石状に見える変化が特徴的です。病理組織学的検査では、‘非乾酪性類上皮細胞肉芽腫’といわれる特徴的な所見がみられます。大腸内視鏡検査、小腸造影検査、上部消化管内視鏡検査などを行い、このような病変が認められれば診断がつきます。血液検査では炎症の程度や貧血、栄養状態を評価します。

クローン病の治療

薬物療法として、5‐アミノサリチル酸製剤(ペンタサなど)、免疫調節薬、副腎皮質ステロイド薬などを使用します。潰瘍性大腸炎と異なる治療法として、成分栄養剤(エレンタール)という、アミノ酸が主体で脂肪を含まない液体食を摂取することもあります。成分栄養剤は原因となる食事抗原を含まず、腸管の安静や栄養状態改善にも有効と考えられています。
近年では、生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ)と呼ばれる抗TNF‐α抗体製剤がかなり多く用いられるようになっています。 クローン病は、炎症が消化管全層に及ぶため、特に小腸に狭窄や瘻孔を生じ、腸閉塞や腹腔内膿瘍を形成することがあります。このような場合には手術が必要となることがあります。

クローン病の注意点

長期にわたって慢性に経過する病気であり、治療を中断しないことが大切です。治療の一部として日常の食事管理が必要なことが多く、周囲の人たちの理解も必要です。
厚生労働省の特定疾患に指定されており、申請すると医療費の補助が受けられます。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
大和内科・消化器内科クリニック
標榜科目
内科・消化器内科・内視鏡内科
医師名
大和 滋
資格
日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・評議員/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員/日本消化管学会胃腸科認定医/日本医師会認定産業医
住所
東京都世田谷区奥沢3-35-5
電話
03-3727-5100
東急目黒線 奥沢駅より徒歩3分