食道癌 世田谷区奥沢の内科。大和内科・消化器内科クリニック

  • 食道癌

食道癌

食道癌とは

消化管の癌は、口腔・食道・胃・小腸・大腸など食物が通過する消化管内腔の粘膜から発生します。このうち食道癌は、下咽頭から胃に至る28cmくらいの長さの食道粘膜に発生する癌です。

食道癌の原因

現在、真の原因はまだ明らかにされていません。ただし日常生活での誘因として、過度の飲酒、喫煙が指摘されています。アルコールとの関連では、アルコール代謝酵素欠損が、食道癌の原因として重要であることがわかってきました。ちょっとお酒を飲んだだけで赤くなる人がたくさんお酒を飲むと、食道癌になる危険性は通常の人の何十倍にもなるようです。

食道癌の症状

早期の粘膜内にとどまる癌では症状が出ることは稀ですが、ある程度進行すると、食べ物が飲み込みにくい、特に液体は良いが固形物が飲み込みにくい、などの症状が現れます。

食道癌の検査と診断

早期の粘膜内癌の状態で診断される場合は、そのほとんどが検診などで発見されています。たとえば、毎年内視鏡検査を受けている方が、たまたま食道に発赤粘膜やわずかな凹凸が認められ、食道癌の診断に至ることがあります。
内視鏡検査で食道癌が疑われる場合、ルゴール液などの色素を用いた方法や、最近では‘狭帯域内視鏡検査’という正常組織と癌組織の区別をしやすくする方法などが用いられます。
最終的な診断は、病理組織学的検査により行われます。
食道癌と診断された場合、その深達度の診断には超音波内視鏡が用いられます。また、食道周囲の状況を検索するために、CTやMRI検査などが行われます。

食道癌の治療

食道の粘膜内にある癌であれば、内視鏡を用いた治療を行います。一方進行癌になると、手術や、放射線療法と化学療法を組み合わせた治療などが必要になります。手術療法では、 状況により、胸腔内・腹腔内・頸部3領域のリンパ節郭清を伴う胸部食道切除と、胃または大腸による代用食道の作成が必要となることがあり、患者さんにとっては大きな侵襲となります。 そのため、できるだけ早期の段階で、癌を診断することが求められます。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
大和内科・消化器内科クリニック
標榜科目
内科・消化器内科・内視鏡内科
医師名
大和 滋
資格
日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・評議員/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員/日本消化管学会胃腸科認定医/日本医師会認定産業医
住所
東京都世田谷区奥沢3-35-5
電話
03-3727-5100
東急目黒線 奥沢駅より徒歩3分