大腸の内視鏡検査と治療 世田谷区奥沢の内科。大和内科・消化器内科クリニック

  • 大腸の内視鏡検査と治療

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)

大腸内視鏡

大腸内視鏡検査により、直腸から盲腸にわたる大腸全域と、小腸の一部を観察することができます。最近は内視鏡の進歩により、よりスムースな挿入ができるようになっています。観察に加え、生検といって粘膜の組織を一部採取したり、ポリープ切除などの処置も可能です。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と原理は同じですが、違う点は、大腸の中を観察しやすくするために検査前に下剤を飲んで頂くことです。下剤の種類もいくつかあり、その方に合うものを選んでいます。

近年、わが国では大腸がんが増加しており、便潜血検査で陽性となった場合の二次検査としても大腸内視鏡検査が行われます。また、若い方で炎症性腸疾患という腸に炎症を起こす病気が急速に増えており、大腸内視鏡検査の需要が増しています。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
大和内科・消化器内科クリニック
標榜科目
内科・消化器内科・内視鏡内科
医師名
大和 滋
資格
日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・評議員/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員/日本消化管学会胃腸科認定医/日本医師会認定産業医
住所
東京都世田谷区奥沢3-35-5
電話
03-3727-5100
東急目黒線 奥沢駅より徒歩3分