過敏性腸症候群 世田谷区奥沢の内科。大和内科・消化器内科クリニック

  • 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは

血液検査や腸の検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴い、便秘や下痢が長く続く病気です。 過敏性腸症候群は非常に多い病気で、全人口の10~20%に認められ、消化器内科を受診する人の約3分の1を占めると言われています。発症年齢は20~40代に多く、男女比は1対1.6で、やや女性に多くみられます。
便通の状態により、便秘型、下痢型、混合型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が多い傾向にあります。
過敏性腸症候群は生命にかかわる病気ではありませんが、本人の生活の質が著しく低下するため、適切な治療が求められています。

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因として、消化管の運動異常、消化管の知覚過敏が指摘されています。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性もあります。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。

過敏性腸症候群の症状

主な症状は、腹痛もしくは腹部不快感と便通異常です。腹痛の部位は臍の周囲や左の側腹部など人によって異なります。腹痛の性状は、急に起こる強い痛みや、持続性の鈍痛で、便意を伴うことが多く、排便後に一時的に軽快することがあります。一般的に食事によって症状が誘発されやすく、睡眠中には症状がないという特徴があります。
その他、腹部膨満感、腹鳴、放屁などのガス症状も比較的多くみられます。また、頭痛、疲労感、抑うつ、不安感、集中力の欠如など、さまざまな消化器以外の症状もみられることがあります。

下痢型

急に便意をもよおし、トイレに駆け込むという症状が多く見られます。突然の便意が心配で、通勤や通学、外出などが困難になる人もいます。また、そうした不安が、さらに症状を悪化させます。一般的には起床時から昼過ぎまでに症状が強く、それ以降は比較的安定することが多いようです。

便秘型

腸管の運動が亢進し、大腸の多くの部分が同時に収縮することにより便秘となると考えられています。便はウサギの糞のようにコロコロになり、排便が困難になります

交代型

下痢と便秘を交互に繰り返します。

過敏性腸症候群の検査と診断

診断の第一段階は、特徴的な症状のパターンから、まずこの病気を疑うことです。次に、似たような症状を示す他の病気がないことを検査で確認します。 中高年の方では大腸癌、若い方では炎症性腸疾患や甲状腺機能亢進症といった病気と区別することが必要です。
検査としては、血液生化学検査、尿一般検査、便潜血検査が行われるのが一般的です。50歳以上で初めて発症した場合や、発熱、3kg以上の体重減少、直腸出血のような「警告徴候」が存在する場合には、大腸内視鏡検査によって器質的疾患を除外する必要があります。

過敏性腸症候群の治療

治療においては、「命に関わることはないが、経過が長く症状には波がある。」というこの病気の性質を理解することが必要です。また、症状の完全な消失にこだわらず、日常生活のなかで病気とうまく付き合っていくことも大切です。
過敏性腸症候群の治療は、


の3つが基本になります。生活習慣のなかで、不規則な生活、睡眠不足、疲労の蓄積、睡眠不足、心理社会的ストレスなど、この病気の増悪因子と考えられるものがあれば修正を試みます。
症状を悪化させる食品(大量のアルコール、香辛料など)の摂取は控え、食物繊維の摂取は、便秘または下痢どちらのタイプにも有効なので推奨されます。 薬物療法が必要な場合は、高分子重合体、消化管機能調節薬などがまず投与されます。下痢に対して乳酸菌や整腸薬、セロトニン受容体拮抗薬、止痢薬、便秘に対して緩下薬、腹痛に鎮痙薬が投与されることもあります。これらの薬剤で改善がみられない場合は、抗不安薬、抗うつ薬が考慮されます。 心身医学的治療としては、精神療法、自律訓練法、認知行動療法などがあります。
すぐに症状の完全な消失を目指すのではなく、徐々に改善していくという方針で治療が行われ、大多数の患者さんにおいて症状の改善が認められます。

トップに戻る

Clinic Information

医院名
大和内科・消化器内科クリニック
標榜科目
内科・消化器内科・内視鏡内科
医師名
大和 滋
資格
日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医・評議員/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員/日本消化管学会胃腸科認定医/日本医師会認定産業医
住所
東京都世田谷区奥沢3-35-5
電話
03-3727-5100
東急目黒線 奥沢駅より徒歩3分